--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-05-04(Thu)

#664 CHRIS SHERBURN & DENNY BARTLEY WITH JANE SHERBURN 《FOOTHOLD》 97年英国&アイルランド

Foothold

  1. The Choice Wife/Elizabeth Kelly’s Fancy
  2. Night Visiting Song/Paddy Fahey’s/Toss The Feathers
  3. The Monaghan Twig/Dinky’s Reel
  4. Return To Miltown
  5. I Drew My Ship Into A Harbour
  6. On The Tear: Sixpenny Money/Garret Barry’s/Winnie Haynes
  7. Diggers: The World Turned Upside Down (Leon Russelson)/The Red Haired Lass
  8. The Prince Of Pipers/The Floating Crowbar/The Red Crow (Mairead Ni Mhaonaigh)
  9. Freeborn Man (Ewan McColl)
  10. Innocents Abroad: Shifting Gear/The Abbey Reel (Liz Carroll)
  11. The Little Beggarman/The Drunken Tinker
  12. Rocking The Baby: Sliabh Russell/The Humours Of Glenart/Rocking The Baby
  13. Sullivan’s John/The Morning Dew
  14. Miltown 2 (Stand Your Ground) (C. Sherburn/D. Bartley/J. Strong/A. Russell/Trad)

Denny Bartley

g, vo

Jane Sherburn

bodhran

Chris Sherburn

anglo concertina

Tom Napper

tenor banjo, mandolin

Jon Strong

key

The Samson Works Choir (Denny Bartley, Alistair Russell, Sandy Still)

backing-vo

produced by Alistair Russell, engineered by Jon Strong.

design & photography by Bryan Ledgard.

 

 さて今度は歌より演奏に力を入れている2人組を。

 コンサーティーナとギターで伝統音楽をこねこねするクリス・シャーバーン&デニー・バートリーです。ジェーン・シャーバーンはクリスの妹みたいね。

 

 裏ジャケで各担当楽器を抱えているお2人ですが、何人かゲストはいても要となっているのはあくまでコンサーティーナとギター。

 この2つだけでも表情はとても豊かです。自由に走る蛇腹をギターが的確に支えている感じかな。

 

 そこにバウロンやバンジョー、マンドリンなんかが入ると音の厚みが格段に増して、サウンドがより快活になり聴き応えたっぷりです。

 熱演とまではいかないけど、それなりに勢いはあります。ゆったりめから疾走まで、緩急はしっかりついてる。

 

 たまに歌っているデニーの声にはこれといって特徴的なものはないけど、ギターがお上手なので「一生懸命歌ってるなあ…」というのが第一印象でした。

 歌唱力は抜群じゃないけども、楽しそうに歌ってるから感触は○。

 んでもコーラス隊が加わると一気にヤバイこの部分ヤバイと落ち着きがなくなる私。いいなあコーラスって…。

 

 何曲かはカバー。

 イワン・マッコールやマレード・ニ・ウィニー(アルタン)の曲やってます。

 

 正直な話、コンサーティーナ奏者がいるってことと(実は蛇腹好きなのです)何曲かのトラッドと破格の安さ(税込み525円)で手に取ったんで、あまり期待はしてなかったんですよ。

 でも聴いてみたら、即刻「うわーコケにしちゃってごめんなさい!」でした。

 投げ売り価格でも良いものは良いし、プレミア価格ついてるからって内容も極上とは限らないものね。

 

 あ、デニーはアイルランドの人だけどクリスはイングランド生まれということで、「英国&アイルランド」扱いにしちゃいました。

 

 ちなみにコーラス隊にいるアリステア・ラッセルはプロデューサーでもあって、簡単な挨拶文も書いてます。

 

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

バートサン

Author:バートサン
あまりに好きすぎて2005年4月末からこんなサイト始めちゃいました。
それまでは東京のチベット(by前都知事)でひっそり暮らす一市民にすぎなかったのに、今じゃ西多摩を代表する英国民謡ヲタとして肩で風切って地元を闊歩してます。嘘です。
年齢性別ですか? 昭和50年代生まれとだけ言っておこう…あ、ちなみに♀です。

はじめにを読む

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
索引 A・B・C
■ A
■ B
■ C
索引 D・E・F
■ D
■ E
■ F
索引 G・H・I
■ G
■ H
■ I
索引 J・K・L
■ J
■ K
■ L
索引 M・N・O
■ M
■ N
■ O
索引 P・Q・R
■ P
■ Q
■ R
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
索引 S・T
■ S
■ T
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
索引 U~・数字・和名・V.A.他
■ U
■ V
■ W
■ X・Y・Z・数字・和名
■ V. A. 、サントラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。